理事長あいさつ

当院は、業界最高の在宅医療と常に安心を提供するという理念のもとに開院しました。認知症や精神疾患はもちろん、褥瘡(床ずれ)や難病など他のクリニックでは困難な疾患など全てに対応しております。
また総合診療医や各科専門医を擁しており、様々なことが原因で在宅での療養生活となった方々を多角的に診察させていただき、病気を診るのでなく、人間を診るように心がけています。

患者様のみならず、ご家族や介護スタッフの方にも安心していただける医療機関作りを目指し、また地域の病院との連携を重視し24時間365日体制で地域医療に貢献できるよう努力しております。

また我々は病院や老人ホームなど25施設以上を誇る医療グループであり、緊急時にも万全の体制で患者様をサポートいたします。

理事長 中田賢一郎

理事長経歴

順天堂大学 総合診療科助教
さくらライフクリニック開設 院長に就任
医療法人社団さくらライフ設立 理事長に就任
社会福祉法人美星会 会長に就任
医療法人弥生会 理事長に就任
社会福祉法人 育美会 理事長に就任
医療法人社団ときわ会 理事長に就任、常盤平中央病院 院長に就任
医療法人社団愛和病院 理事長に就任
医療法人福島アフターケア協会 理事長に就任
墨田区すみだ医師会理事
墨田区災害医療救護班
愛媛県人会理事
東京都郷友連盟 常任理事

学生時代より在宅医療に興味を持ち、往診同行、研修を繰り返す。同時に臨床治験に参加し、老化や認知症ついての研究、プロスポーツ選手のフィジカル、メンタルトレーニングの研究にも参加した。
臓器別が当たり前だった時代から、理論一辺倒の医学に偏らずに、全人的な医療を実践する。
さくらライフクリニック開設後、他院で断られた患者、困難症例を多く引き受け、多くを解決に導いた。
その後、家族のレスパイトや在宅患者の緊急増悪のための後方支援病床の必要性を痛感し、病院、介護施設を開設する。